6月にちなみ、

宝塚歌劇を動画配信で楽しむ タカラヅカ・オン・デマンド配信中

宝塚を見るならビデオパス!月額562円で見放題。

6月にちなみ、
“雨”がタイトルに付く宝塚歌劇作品をご紹介!
第2回は『琥珀色の雨にぬれて』

今回ご紹介するのは『琥珀色の雨にぬれて』。1984年に、花組高汐巴主演で初めて上演され、その後も再演を重ねている名作です。最近では、2017年の雪組全国ツアー公演でトップスター望海風斗が主演しており、皆様の記憶にも新しいところではないでしょうか。
舞台は1920年代のパリ。青年貴族クロードは、神秘的な美しさの女性シャロンと出会いますが、彼には婚約者がおり、シャロンにもまた、彼女を想う男性がいました。様々な想いが交錯する中、惹かれ合うクロードとシャロン。二人は「琥珀色の雨が降る」というマジョレ湖へと逃避行を図りますが…。
朝靄けむる湖のほとり。二人の恋の終焉を彩る琥珀色の雨…。心に迫る切ない幕切れは、クロードが歌う叙情的な主題歌と相まって、とても印象的なシーンです。
次回も、雨が彩る大人の恋の物語をご紹介いたします。

【宝塚歌劇公式HP】http://bit.ly/2Kin0d8

宝塚歌劇を動画を見るならビデオパス!月額562円で見放題です。